忍者ブログ
16 December

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 December

STU XIII

2014年12月23日、「STU XIII」という大会に参加してきました。
この記事はその参戦記です。

前回8月に行われた12回目の大会では、76点がペーパーボーダーだったところ、自分の点数は75点、56位に終わりました。
あと1点取れてれば・・・ということろでしたが、寝不足と実力不足が相まって通過ならずというところでした。

直近は学生系の勉強に集中していたため、短文に触れることはあまりなかったのですが、
ペーパーの点数は上昇傾向にあると思って、そしてまだボーダー上にいるんだと思って今回の大会も意気込んでました。

11時、ペーパーが開始された後、落ち着いて問題を解いていたんですが・・・
あまりにも分からない問題が多すぎ。
1周といたところで答えられたところを数えてみると60問程度。これはペーパー難化してるなと思い2周目に入りました。
思い出せない問題も結構あって大分苦労。あえなく20分が終了してしまいました。
終わった後の自己採点は68点。前回75点取れていたのにガクッと落ちてしまいました。
特に82番以降は1問も正解できず。これじゃあ無理ですね(笑)
おそらく順位は80位前後だと思います。
結局ボーダーは75点。前回と比べて問題は難しくなったと思いましたが、ボーダーは1点下がったにとどまるということでした。

知識量がある人たちは、なんだかんだこのレベルの問題は取って行くんだなと感じましたし、自分もこのレベルに追い付かないとペーパー通過はこの先ずっと無いんだなと思いました。

一昨年の12月7thで初参加した時から、11回目を除き6回目の参加となりましたが、3年かけても結局この壁は登れず。まあ、頑張ってる人と努力量は歴然とした差があるので負けるべくして負けた感じですが、ペーパー落ちは辛いですね。
もう1回基本に立ち戻って考えてみます。

その後は観戦に徹したわけですが、高見澤・中岡の2人が青プレートでの通過。いやー、本当にすごい。頑張ってる人が結果を出すとすごく楽しいですね。
結局2ラウンド通過はできませんでしたが、みるみる成長しているのは目に見えて分かりました。

敗者復活、自分は今回2ndstep落ちでしたが、水野がバンバン答えて最後まで残りました。
最期は12人中KQKが6人。この中で誰かが残るだろうと思って応援しました。
いやー、水野すげえわホントに。
ペーパーもあと少しだと言ってましたし、この8か月の間にどんだけ強くなってんだと。
この努力を続けていけば、彼は確実に次回抜けるでしょう。

自分が結果を出せてないのは恥ずかしい限りですが、後輩たちに離されてしまわないよう、しがみつきたいと思います。

そして、小林はホントにすごかったし惜しかった。
この2日間で1番クイズをやったのは間違いなく小林だと思います。
かなり疲労がある中での戦いだったと思いますが、ここまで結果を残せるのはやっぱりすごいです。

優勝した佐谷くんはおめでとうございます!
優勝するだけでもすごいのに、連覇となればやっぱり偉業だと思います。

自分もできるだけ追いつけるよう、また頑張ります。
PR