忍者ブログ
24 September

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 May

アタック25(2014年5月4日O.A.)

1.①16世紀に活躍した②西田敏行、岸谷五朗、草彅剛などがドラマで演じた③大坂城を築き天下統一を果たした  A.豊臣秀吉
2.これらの誕生石の中で5月の誕生石であるのはどれでしょう? サファイア・エメラルド・ルビー  A.エメラルド
3.1月から12月までを英語で書くとき、最も文字数が多いのは9月の「September」。では最も文字数が少ないのは何月でしょう?  A.5月(May)
4.海野厚(うんの・あつし)作詞の童謡『せいくらべ』で、背のたけを計ってくれたのは誰だと歌われているでしょう?  A.兄さん
5.AKB48の曲のタイトルにも使われている、この洋服の柄を「何チェック」というでしょう?  A.ギンガムチェック
6.5月11日から大相撲5月場所が始まりますが、新横綱・鶴竜の土俵入りの型は雲竜型、不知火型のどちらでしょう?  A.雲竜型
7.1221年、承久の乱で鎌倉幕府討幕の兵をあげたものの破れ、隠岐に流されたのは誰でしょう?  A.後鳥羽上皇
8.地球内部の核と地殻の間にある、地球の体積のおよそ80%を占める部分を何というでしょう? A.マントル
9.手芸が大好きなことから、手芸の本『男子がもらって困るブローチ集』や『子供がもらって、そうでもないブローチ集』を出版している、お笑いコンビ「オアシズ」の1人は誰でしょう?  A.光浦靖子
10.ベーコン、卵、生クリーム、チーズ、黒胡椒などで作ったソースで和えたスパゲッティを、「炭焼き職人」という意味のイタリア語で何というでしょう?  A.カルボナーラ
11.かつて島だった桜島は100年前の1914年の噴火で、ある半島と陸続きになりました。その半島とはどこでしょう?  A.大隅半島
12.先ごろ、デビュー5年を記念して撮り下ろし写真やインタビューを収めた初のオフィシャルブック『LOVE STORY』を発売した、『会いたくて 会いたくて』などのヒット曲がある歌手は誰でしょう?  A.西野カナ
13.「セレ女」とよばれる女性ファンが急増中の、南野拓実、山口螢、柿谷曜一朗などが所属しているJリーグのチームはどこでしょう?  A.セレッソ大阪
14.(映画問題)『ネイチャー』に登場するビクトリアの滝が位置するのは次のうち何番? ①アフリカ大陸 ②北アメリカ大陸 ③南アメリカ大陸 A.①(ジンバブエとザンビアの国境)
15.(隠し絵問題) A.ラスベガス
16.5月5日は日本わかめ協会が制定した「わかめの日」です。では、わかめを湯通しすると褐色から緑色に変わるのは、何という色素のはたらきによるものでしょう?  A.葉緑素(クロロフィル)
17.メジャーリーグでは審判の判定に疑問がある時、監督がビデオによる判定を要求することができます。「異議申し立て」という意味のある英語で何というでしょう?  A.チャレンジ
18.厳選された60店舗の料理を紹介した本『常連めし! 奇跡の裏メニュー』を出版した、お笑いグループ『ダチョウ倶楽部』のメンバーは誰でしょう?  A.寺門ジモン
19.漫画家・羽海野チカの作品『3月のライオン』が第18回手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞しましたが、主人公の桐山零はある競技のプロです。その競技とは何でしょう?  A.将棋
20.日食と月食、太陽と地球の間に月が入った時に起こる現象はどちらでしょう?  A.日食
21.古代都市シギリア、聖地アヌラーダプラなどユネスコの世界遺産が8つあり、紅茶の産地としても知られる、インド洋に浮かぶ島国はどこでしょう?  A.スリランカ
22.今月は赤十字運動月間ですが、白地に赤い十字の「赤十字のマーク」は創設者アンリ・デュナンの祖国の国旗を配色を逆にしたものです。その国とはどこでしょう?  A.スイス
23.2009年大ヒットした『Love Forever』以来、コラボレーションを重ねてきた清水翔太との初のアルバム『THE BEST』を先ごろリリースした女性アーティストは誰でしょう?  A.加藤ミリヤ
24.昨年末時点で日本を含む179か国が締結している「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」は、条約が締結されたアメリカのある都市の名前から何条約と呼ばれているでしょう?  A.ワシントン条約
25.人気や景気などを推し量る指標として使われる、英語で「気圧計」という意味の言葉は何でしょう?  A.バロメーター
26.1979年5月4日、イギリス史上初の女性首相が誕生しています。「鉄の女」と呼ばれたその人は誰でしょう?  A.サッチャー
27.鎌倉の海辺のシーンから始まる『(答)』は1914年の朝日新聞に連載。「先生」という登場人物が恋愛と友情の板挟みで苦悩する姿を三部構成で描いています。作者は夏目漱石。誕生から100年となる今年、再び新聞に連載され話題となっています。  A.『こころ』
PR